ごあいさつ

院長紹介・ご挨拶

県南地区に耳鼻咽喉科が少ないとの声があり、仙台より勤務しております。

耳鼻咽喉科専門医だけでなく、アレルギー専門医、感染症専門医、めまい相談医、他多数の資格を有する守備範囲の広い耳鼻咽喉科医です。

優しく安心で安全な医療の提供を目指し、スタッフ一同一生懸命がんばりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

院長 西川 仁

学歴・職歴、資格、主な筆頭論文

学歴・職歴職歴

平成7年東北大学医学部卒業
宮城・福島・秋田県内の総合病院耳鼻咽喉科にて勤務
東北大学病院、石巻赤十字病院、東北労災病院、平鹿総合病院、大崎市民病院、宮城県立がんセンター、磐城共立病院(主任科長)

資格

日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医
日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医
日本感染症学会認定 感染症専門医
日本化学療法学会認定 抗菌化学療法指導医
日本気管食道科学会認定 気管食道科専門医
日本めまい平衡医学会認定 めまい相談医
日本耳鼻咽喉科学会認定 補聴器相談医
日本耳鼻咽喉科学会認定 騒音性難聴担当医
日本がん治療認定医機構認定 がん治療認定医
ICD制度協議会認定 インフェクションコントロールドクター
日本医師会認定 認定産業医
厚生労働省認定 補聴器適合判定医
厚生労働省認定 音声言語機能等判定医
宮城県知事指定 身体障害者福祉法第15条指定医

主な筆頭論文

日付 論  文
2013年1月 トシリズマブ投与中に発症した敗血症性ショックを伴う深頸部感染症例ー耳鼻咽喉科臨床(0032-6313)106巻1号 Page75-80
2012年12月 入院加療を要した鼻出血症例203例の検討ー日本鼻科学会会誌(0910-9153)51巻4号 Page481-488
めまいで発症した卵巣原発の髄膜癌腫症例ー耳鼻咽喉科臨床(0032-6313)105巻12号 Page1129-1136
2012年11月 鼻出血例367例の検討ー耳鼻咽喉科臨床(0032-6313)105巻11号 Page1039-1045
2012年8月 フォガティーカテーテルを用いた小児気管支異物摘出法ー日本気管食道科学会会報(0229-0645)63巻4号Page337-344
2012年6月 喉頭の変形と嗄声症状を残した幼児喉頭カンジダ症の1例ー日本気管食道科学会会報(0029-0645)63巻3号 Page269-275
2012年5月 急性腎不全にて透析治療を要した急性咽喉頭炎と頸部蜂窩織炎の2症例ー日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌(0913-3976)30巻1号 Page17-22
2012年2月 放射線・化学療法時に気管切開を必要とした喉頭癌・下咽頭癌症例の検討 転帰と気管孔閉鎖の規定因子の検討ー日本気管食道科学会会報(0029-0645)63巻1号 Page15-24
2011年12月 鼻副鼻腔内反性乳頭腫 術前診断の意義と、再発期間、再発部位ー日本鼻科学会会誌(0910-9153)50巻4号 Page458-464
2011年8月 地方中核病院におけるめまい入院患者動態(特に耳鼻咽喉科常勤医師減少と病床数減少の影響について)ーEquilibrium Research(0385-5716)70巻4号 Page238-244
食道壁内膿瘍に至った魚骨食道穿孔の1症例ー日本気管食道科学会会報(0029-0645)62巻4号 Page411-416
外科的治療を要した小児深頸部膿瘍の3例ー耳鼻咽喉科臨床(0032-6313)104巻8号 Page585-590
2011年4月 診断に苦慮した難治性口腔咽頭潰瘍の4症例ー耳鼻咽喉科免疫アレルギー(0913-0691)29巻1号 Page7-13
2008年9月 大胸筋皮弁によって閉鎖しえた術後性咽頭瘻の2症例ー磐城共立病院医報(0916-3387)29巻1号 Page30-41

スタッフ紹介

   患者さんに寄り添い
   クリニック内を笑顔いっぱいにして一人一人を
   大事に対応させて頂きます

ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。(看護師代表:片田)

〒981-1505
宮城県角田市角田字町192
TEL:0224-86-4138
FAX:0224-86-4139

Copyright (C) かくだ耳鼻咽喉科クリニック All Rights Reserved.